著名アナリストがツイート

iPhone 14 Proでは画面の常時点灯が実現するかも?

Image:Apple

アップルから今年のリリースが期待される「iPhone 14 Pro(仮称)」について、ディスプレイの可変リフレッシュレート機能の拡張により、常時点灯での利用が可能になるかもしれないとの期待を、海外アナリストが寄せている。

ディスプレイの常時点灯機能はApple Watch Series 5以降で利用でき、画面は暗くなるが、手首を下ろした状態でも時間や文字盤、アプリが表示され続ける。

一方、昨年発売された「iPhone 13 Pro」シリーズではディスプレイの更新頻度を10Hz – 120Hzまで状況に応じて切り替える「ProMotion」が採用されているが、常時点灯機能は提供されていない。

ディスプレイ専門サプライチェーン調査会社、DSCCのアナリストであるRoss Young氏は、5月24日にディスプレイ市場と技術に関するレポートを公開した。それに対してツイッター上で寄せられた「iPhone 14 Proシリーズでは1Hzからの可変リフレッシュレートにより、常時点灯機能が実現するのか?」という質問に対して、「確認はできないが、期待している」と返答しているのだ。

このように、画面のリフレッシュレートを1Hzまで落とせるスマートフォンは、シャープの「AQUOS R7」などがすでに存在している。リフレッシュレートをより低く落とせれば、バッテリー消費電力をさらに削減でき、常時点灯機能が実現する可能性がある。

実際のスマートフォンの利用シーンを思い起こすと、時間や通知を確認するためだけに画面を点灯させ、すぐに消灯するという使い方をしている方も多いはずだ。そのような手間を減らせることもあり、iPhone 14 Proシリーズで、常時点灯機能がもし実現したら、大きな反響となりそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー