さすがに無人車両のリモート操作です

iPhone 14の衝突検出、実際にクルマをぶつけて検証したYouTuber現る

Image:TechRax(YouTube)

今月発売されたばかりのiPhone 14シリーズは、全モデルとも衝突事故検出に対応している。セダンやミニバンなど乗用車がからむ激しい衝突事故を検知し、緊急通報サービスへの連絡を助けるものだ。

この検知機能は、自動車の衝突事故に特有の衝撃やエアバックが開いたときの気圧変化、マイクに入ってくる衝突音などを総合的に判断しており、単にiPhoneを落下させたり、投げたり転がすだけでは発動しないとの報告もある。つまり、実際に「事故に遭う」ことがない限り、動作の確認ができないはずだ。

しかし、あるYouTuberが本当に車両を衝突させるテストを行い、衝突事故検出が動作することを検証した動画を公開している。

YouTubeチャンネルTechRaxのチームは、iPhone 14 Proを運転席のヘッドレストに固定した無人車をリモコン操作し、止まった車両に突っ込ませるテストを実施した。初回はぶつかる対象が完全な廃車で、角度が浅くて衝撃が小さかったためか発動していない。

Image:TechRax(YouTube)

そうして試行錯誤を繰り返し、さらにスクラップ車両を何台か加えて壁を作り、ようやく典型的な正面衝突に近いシチュエーションを作り出した。その状況のもと、遠隔操作された車は低速で衝突し、10秒ほど経ってからiPhone 14 Proの衝突検知機能が自動的に起動し、緊急SOSのカウントダウンが始まったことが確認できる。

その次は、より速いスピードでボンネットから煙が上がるほどの衝突に成功。こちらも衝突検知機能は動作しており、自動通報機能は残りカウント4ほどで手動でキャンセルされている。もしも中止しなければ、本当に緊急通報サービスに通知されていたことだろう。

このテスト結果は、iPhone 14本体に強い衝撃がおよぶ激しい衝突のもとでも確実に動作することを証明するものではない。が、一応はアップルの説明通りの動作は確認できたことで、iPhone 14シリーズを持つドライバーに少しの安心をもたらすことだろう。

iPhone 14シリーズでは、デフォルトで衝突事故検出が有効となっている。もしも無効にしたい場合は設定アプリを開き、「緊急SOS」をタップして「激しい衝突事故発生後に電話」をオフにする。とはいえ、特にオフにする理由もなさそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー