ゲームタイトルの開発に左右との見方も

PlayStation VR2は来年初頭に発売か? 年内に量産開始の可能性

Image:SIE

ソニーの次期VRヘッドセット「PlayStation VR2(以下、PS VR2)」が2022年後半に量産を開始し、2023年第1四半期(1月 – 3月)に発売される可能性があると、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えている。

PS VR2はソニーにとって第2世代目となる、ゲーム機向けのVRヘッドセットだ。すでにその本体やコントローラーのデザインが公開されており、2,000×2,040ドットの有機ELディスプレイを2基(片目に1基ずつ)搭載するなど、主要なスペックも明かされている。一方で、その本体価格や発売時期はいまだ発表されていない。


今回のKuo氏の報告によれば、PS VR2のサプライヤー筋は今年下半期に約150万台のPS VR2を量産するという。なお、実際の発売スケジュールはゲームタイトルの開発スケジュールに左右されると伝えている。

さらにKuo氏は、「PS VR2は発売時にファースト/サードパーティーから20本以上のタイトルがリリースされるため、良いスタートを切ることができる。このことは “AAA級” のVRゲーム開発を加速させ、VR分野の発展に貢献するだろう」とも予測している。なお、PS VR2にて20本以上のローンチタイトルが用意されることは、ソニー自身も投資家向けの説明会で明かしている。

この予測が正しければ、残念ながらPS VR2は今年の年末商戦には間に合わないことになるが、現時点でもPlayStation 5(以下、PS5)の供給が十分でないことを考えると、PS5の増産とPS VR2の量産計画をすりあわせた結果、2023年初頭の発売ということになるのかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー