つまりiPhone 14の中身は「ほぼiPhone 13 Pro」

iPhone 14、全モデルRAM 6GBと判明。標準モデルは昨年の5割増し

Image:Apple

アップルはiPhoneに搭載されたRAM容量を宣伝したことはないが、最新フラグシップ「iPhone 14」の4モデルすべてに6GBのRAMが積まれている確認が取れたと報じられている。

米MacRumorsは、この情報を最新のXcode 14ベータ版から得たという。Xcodeはアップルが提供する統合開発環境であり、最近もiPhone 14 Proモデルが常時表示に対応するとの手がかりが見つかっていた

Xcode 14ベータには、iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxが、それぞれ6GBのRAMを搭載していることを示すファイルが含まれていたとのこと。これに対してiPhone 13 miniとiPhone 13のRAMは4GB、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは6GBだったため、今年の標準モデルは50%も増量されていることになる。

以前から、Xcode内のファイルからiPhone 13シリーズや、過去数世代にわたるiPhoneの搭載RAM容量が正確に判明しており、今回も信ぴょう性は高いと思われる。

今年3月には有名アナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhone 14シリーズは全モデルともRAM 6GBだと予想していた。またその時点では、標準モデルが従来型のLPDDR4Xであるに対して、Proモデルは高速で電力効率もいいLPDDR5が使われるとの予想だった。前者はiPhone 13シリーズに、後者はMac用のM1 Pro/MaxやM2チップにも採用されているものだ。

一方で今回の、Xcode内のファイルからは、各モデルのRAM容量のみが確認できたという。それぞれのモデルに搭載されたRAMの種類に関しては、修理業者iFixitなどの分解レポートを待つことになるだろう。

iPhone 14標準モデルは5コアGPU版のA15 Bionicチップ、つまりiPhone 13 Proと同じプロセッサーが流用されている。さらにRAMが6GBに増やされたとなれば、中身は「(ディスプレイやカメラ機能を除いて)ほぼ昨年のProモデル」となりそうだ。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー