これまでの40Gbps対応ケーブルも使用可能

最高80Gbps伝送実現の「USB4 Version 2.0」リリースへ

Gadget Gate

Image:The USB Promoter Group

USB Promoter Groupは米現地時間9月1日、最高80Gbpsのデータ伝送を実現する新規格「USB4 Version 2.0」の仕様をリリース予定であると発表した。

USB4 Version 2.0では新たな物理層アーキテクチャーを採用し、USB Type-CコネクターやUSB Type-Cケーブルを使って、これまでのUSB4の2倍の伝送速度となる、最高80Gbpsのデータ伝送を実現する。

ケーブルは既存の40Gbps対応パッシブケーブルと、新たに定義された80Gbps対応のアクティブケーブルが使用できるという。なお、これまでのUSB4は「USB4 Version 1.0」と呼び、今回の新規格と区別される。USB4 Version 2.0は、これまでのUSB4 Version 1.0、USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との後方互換性も備える。

またUSB4 Version 2.0ではプロトコルアップデートも行われ、これによりUSB 3.2、DisplayPort、PCI Express(PCIe)で利用可能な帯域幅を最大限に活用することも可能になるという。

USB4 Version 2.0のくわしい仕様は、11月に予定している開発者向けイベント「USB DevDays」に先駆けて公開される予定だ。また、新規格や80Gbps対応を示すロゴマークの策定など、マーケティングやブランディングのガイドラインなどについても今後発表が行われる。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー