Chromecast with Google TVも対象に

Google TVのパフォーマンスが改善。ストレージの問題も修正へ

Image:agencies/shutterstock.com

Google TVが発表されてからもうすぐ2年が経過するが、Googleはその体験にまだ満足していないようだ。Googleは8月22日(現地時間)、Google TVに適用されるパフォーマンス改善などのアップデート内容を公開した。Chromecast with Google TVもアップデート対象となっている。

まず、CPUの最適化とキャッシュ管理の改善により、起動時のGoogle TVホーム画面の読み込み時間が短縮され、使いたいときにすぐに使えるようになる。ナビゲーションも改善され、タブ内のスクロールや切り替えの応答性が向上。RAMの使用量も減少したため、すべてがより安定し、動作が速くなったとしている。なお、このパフォーマンス改善はすでに展開が開始されているとのことだ。

もう1つの大きなアップデートが、ストレージに関するものだ。Google TVでは1万個のアプリを利用できるが、ストレージが少なく、すぐにインストールできなくなるという苦情が一部ユーザーから寄せられていたとのこと。そのため、Chromecast with Google TVではキャッシュを削除し、使用していないアプリをアンインストールするオプションが用意されているが、この機能が他のGoogle TV搭載スマートテレビにも展開されるようになる。

また、新しいアプリをインストールしようとした際に、ストレージ関連のエラーが表示されることが少なくなるよう、インストールの処理方法についても内部的な変更を行ったとのことだ。加えて、デバイスのストレージを開放してより多くのアプリをインストールできるよう、バックグラウンドで実行される自動プロセスも実装したという。

ストレージ不足を根本的に解決するには、搭載するストレージを増やすしかないだろう。Googleがこうした改善に手を付けたということは、少なくともストレージ不足を認識しだしたということでもあるので、次期モデルでは増量が期待できるかもしれない。

関連キーワード:

Gadget Gateの最新情報をフォロー