ビル密集地などでも衛星測位が可能

Amazfit、業界初“デュアルバンド円偏波GPS”対応のスマートウォッチ「GTR 4/GTS 4」

Gadget Gate

「Amazfit GTR 4」(左)、「Amazfit GTS 4」(右)

Zepp Health Corporationは、Amazfitブランドのスマートウォッチ「Amazfit GTR 4」「Amazfit GTS 4」を10月13日に発売する。価格はどちらも31,800円(税込)。オンライン先行発売となり、リアル店舗での発売は11月を予定する。

業界初となるデュアルバンド円偏波GPSアンテナテクノロジーを搭載するスマートウォッチ。すべての衛星から円偏波の信号を受信することで、木々が生い茂る山の中やビルが密集している都市部など、これまで衛星信号を受信しづらかった環境下での位置測位精度が向上したとしている。

衛星測位システムは、GPS、GLONASS、Galile、北斗に加えて、日本のみちびきをサポート。さらに今後、インド周辺を対象としたNavIC(ナブアイシー)が追加予定だとしている。またナビゲーション機能も強化され、ウォッチ上にルートを表示するリアルタイムトラッキング、スタート地点の方向を表示するダイレクトリターンナビゲーション、ルートインポートなど、アップデートで対応予定となる。

各種ルートナビゲーションに対応

GTR 4とGTS 4は形状とバッテリー持続時間を除き、基本的なスペックや機能はほぼ同等。GTR 4では円形のデザインを採用し、カラーはスーパースピードブラックとヴィンテージブラウンレザーをラインナップする。ミドルフレームの素材はアルミ合金製で、ボトムシェルは高光沢塗装PC。バンドのデザインはレーシングカーやバイクをイメージし、竜頭部分のナビゲーションクラウンは赤いテールランプを意識している。

GTR 4は2つのカラーを用意
GTR 4のナビゲーションクラウン

GTS 4は四角いデザインとなり、カラーはインフィニットブラック、ミスティホワイト、ローズバッドピンクの3色。本体素材はGTR 4と同様となる。デザインは流線型を採用し、ナビゲーションクラウンにはAmazfitのロゴを施した。それぞれデザインコンセプトとして、GTR 4は「機能性・ハイスペック・メカ感・スピード感」、GTS 4は「優雅・繊細・カジュアル・ラグジュアリー・ファッション」を意識しているという。

GTS 4は3つのカラーを用意
GTS 4のナビゲーションクラウン

ディスプレイにはAMOLEDを採用。GTR 4の画面サイズは1.43インチで、解像度は326ppi、画面占有率は68.1%。またGTS 4の画面サイズは1.75インチ、解像度は341ppi、画面占有率は72.8%となる。カバーガラスには強化ガラスを採用し、反指紋コーティングを施している。加えてGTR 4のベゼル部分にはAGマットガラス処理を施し、一体感のあるデザインを追求している。

どちらもセンサーには、BioTracker 4.0 PPG生体光学センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧高度計、環境光センサーを搭載する。このうちBioTracker 4.0 PPG生体光学センサーでは、心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルを24時間365日モニタリングすることが可能。2LEDに強化することで、前世代よりも33%多くのデータを収集しつつ、運動中の腕の動きで起こる信号干渉を低減するという。また血中酸素レベルについては、「パルスオキシメーターに匹敵するほどの精度」を実現したとアピールする。睡眠モニタリング機能にも対応し、睡眠習慣に合わせたスケジュールを作成することで、新たに夜勤などで昼間に寝るユーザーについても記録できるようになった。

BioTracker 4.0 PPG生体光学センサーを搭載

OSは独自の「Zepp OS 2.0」となり、スマートウォッチならではのスムーズな操作性、消費電力を抑えたUIに対応。アプリのメニューレイアウトは2種類から選択でき、ナチュラルと鮮やかの2種類からカラーリングを選べる。ほか、赤ちゃんの睡眠や授乳時間を記録できる「Baby Records」や2種類のダウンロードゲームに加えて、GoProやHome Connectといったサードパーティのアプリもインストールできる。

独自のZepp OS 2.0を採用

新たに本体にはスピーカーを搭載し、保存した音楽をスマートウォッチ単独で再生できるようになった。ストレージ容量は約2.3GBで、スマートフォンを通じて曲を時計本体に転送することが可能。プレイリストも作成して再生できる。さらにマイクを内蔵するため、Bluetooth接続したスマートフォンの電話の受発信が可能。音声アシスタント「Amazon Alexa」にも対応する。

フィットネス計測では、154種類のスポーツモードを搭載する。ウォーキングやランニング、サイクリング、スイミングなどを選べるほか、8種類のスポーツ動作と15の筋力トレーニングエクササイズ(25種類に拡大予定)であれば自動認識できる。また筋力トレーニングエクササイズでは、インターバルトレーニングのテンプレート(10種類のスポーツに対応)を本体から作成することができ、独自開発の「PeakBeats Workout Status Algorithm」により、ワークアウトの終了時にVO2 Max(最大酸素摂取量)などのデータを提供するという。データはStravaやadidas Runningアプリと同機することも可能。

150以上のスポーツモードを搭載

バッテリー持続時間はヘビーユースの場合であっても、GTR 4で7日間、GTS 4で4日間。通常使用ではGTR 4では14日間、GTS 4では8日間利用できる。充電はマグネットを使用して行うかたち。ほか、5ATMの防水機能に対応する。外形寸法はGTR 4が46×46×10.6mm、GTS4が42.7×36.5×9.9mm。またストラップを除いた質量はGTR 4が34g、GTS 4が27gとなる。対応OSはAndroid 7.0以降およびiOS 12.0以降。

    関連キーワード:

    関連リンク

    Gadget Gateの最新情報をフォロー